日本のワールドカップ決勝トーナメント進出から学ぶこだわり

Pocket
LINEで送る

サッカー日本代表、決勝トーナメント進出おめでとうございます!

日本は2大会ぶりの決勝トーナメント進出なようですね。

非常におめでたいことではありますが、ポーランド戦では賛否両論ありました。

既にご存知の方も多いかと思いますが、パス回しによる時間稼ぎです。

軽く説明しますと、日本が決勝トーナメントに進出できるかどうかは、コロンビアとセネガル戦の結果次第でした。

日本がポーランドとの試合中にコロンビアが得点を入れたという情報が入ってきた途端、日本は攻めることをやめ、パス回しをして時間稼ぎをする賭けに出たんです。
(それ以上失点しないように)

結果的にコロンビアがセネガルに1-0で勝利し、日本は0-1で敗れたもののフェアプレイポイントの差で見事決勝トーナメント進出を決めたというわけです。

色々意見はあるかと思いますが、私は日本の決断は素直に結果にこだわった形だったと考えています。

勝負の世界はそういうものだと思います。

何でもそうですが、結果を出さなければ誰も信用してくれません。

もし、あの場面で日本が攻めに転じて仮に失点してたらサポーターは何と言うでしょうか?

「あのまま守ってたら決勝トーナメントに行けたのに…」

チャレンジして負けたんだから仕方ない、という見方をする人はどれだけいるでしょうか?

ほとんどいないと思います。

しかし、日本代表の皆さんもファンの方のそういう気持ちも理解しているでしょうし、申し訳ないという気持ちもあるでしょう。

それでも次に進んで日本のファンを喜ばせたいという思いから今回の選択をしたのでしょう。

そういえばこだわる、といえばよく間違えられるのがこだわると固執。

固執は簡単に言えばそれだけが正しいと思い込むことです。
他のことを考慮しておらず、1つのことから離れることができません。

こだわる、というのは何かをより良くしようというような意思のようなものです。

今回のサッカー日本代表のパス回し作戦がいい例ですね。

他に分かりやすい例でいうと、学校の美術の授業なんかですごく凝った絵を描く人がいたかと思います。

ああいうのもこだわりですよね。

その人がそれまでに培ってきたものを基にした意思です。

こだわるのはいいことですが、固執するといいことはありません。

固執してしまうと、自分の意見が正しいと思い込んでしまい、他の人の意見を全く聞き入れなくなってしまいます。

映画でよくあるような悪の道に進んでしまうのがその例です。

固執した考えはやめましょう!


コメントを残す