余ったごはんを美味しくいただく方法

Pocket
LINEで送る

皆さんは余ったごはんはどうされていますか?

私は幼い頃、母が余ったごはんをラップして、冷凍庫にいれて、あとで電子レンジで温めていたのを覚えています。

しかし、そうやって出されたご飯は、理由は分かりませんが嫌でした。

うまく言葉にできませんが、硬くてパサパサしていますよね。

ご飯を冷凍するとどうしてもご飯の風味が飛んでしまいます。
さらに、電子レンジに通してしまえば、ご飯がマイクロ派の影響を受け、味を失ってしまいます。(マイクロ派:電子レンジや通信に利用される電磁波の一種。)

しかし、どうしてもご飯が余ってしまうことはよくありますよね。

私はそういうときは、密封容器に入れて、冷蔵庫で保存しています。

ちなみに余ったご飯の保存方法は、冷蔵庫で保存する方法と小分けにして冷凍保存する方法があります。

冷蔵庫で保存する場合は2日間が限度で、密封容器に入れて保存する場合が多いですね。

冷凍庫に保存する場合は3週間くらいは持ちます。この場合ラップやフリーザーバックで包んで保存します。

冷凍庫保存は長持ちはしますが、やはり風味が落ちてしますので、私は冷蔵庫に入れてそれを2日以内に調理して余ったご飯を美味しくいただいています。

お米はいったん冷やしてしまうと、硬くなりますが、工夫して調理すれば美味しくいただけるんです。

例えば、お水やお出汁をいれてお粥にする。
もしくは、硬くご飯を利用し、お野菜とお肉をいれて油で炒めてパラッとチャーハンにする。

野菜のペーストと出汁を使えば、リゾットにもなりますね。

卵やあんを添えて、あんかけご飯なんかも美味しいですね。

スープ丼もできるんです!
冷蔵庫から余ったご飯を取り出し、しばらく炊飯器に入れて保温して温めます。
もちろんそのまま食べても、炊きたてのご飯には負けます。
そこで、おいしいスープを作ってスープ丼にするのです。

その他にも、ミートドリア、焼きおにぎり、雑炊等があります。

余ったものでも十分ご馳走になるんです。

こういう風に一工夫するだけで、余ったごはんを美味しく頂けるんです。

私は最後まで、ご飯をおいしくいただくには?と考えて続けています。

私が皆さんにお伝えしたいのは、最後までごはんを美味しく頂くという心を養って欲しいということです。

ごはんを変えるだけで人生は変わるというのは、大袈裟だと思われますが、
ごはんと正しく向き合えばそれだけで運は上がります。

ただもったいないと消費するのではなく、最後まで美味しいと感謝しながら食べることで、命を大切にしようという思いが湧いてくることでしょう。

 


コメントを残す